Arts Calendar/Art's Report site/《KOGURE Journal》2001 ARTS BEST TEN(1)

301.
12/29(土)
2001年のmy best fitting arts〜映像、音楽、ダンス〜


明日から大阪の実家へ行く。そんなこともあって、今日でこの1年(計343本)を振り返っておきたい。
つまり、恣意的になりがちなのは重々承知の上(今年でも前の職場の1〜3月はかなり昔に感じられるけれど)、2001年の各種アーツ鑑賞における個人的にフィットしたベストテンというものをこしらえることにする。

まずは一番少ない映像部門から。35本しか観ていないなかですが:

10位 ジャン・ピエール・ジュネ「アメリ」テアトル梅田
10位 四ノ宮浩「神の子たち」テアトル梅田
9位 本田孝義「科学者として〜笑顔と告発〜」河原町ペンギン
8位 グル・ダット「渇き」碧水ホール
7位 青池憲司「琵琶法師山鹿良之」黒谷永運院
6位 イム・グォンテク「春香伝」滋賀会館
5位 command N「秋葉原TV」DVD
4位 ヤン・シュヴァンクマイエル「オテサーネク」日本ヘラルド社試写会
3位 青山真治「ユリイカ」京都朝日シネマ
2位 佐藤真「花子」関西ドイツ文化センター
1位 松岡錠司「アカシアの道」京都みなみ会館

ドキュメンタリーが多いのがぼくの特色。「秋葉原TV」は美術部門かも知れないが街を見れなかったのでここに入れておこう。

次に少ない音楽部門(伝統芸能5つを含む)の44本から:

10位 たいこ集団ひのき屋+N'DANA+池田宏子「雪催ひらいぶ」妙蓮寺
10位 「ビジリバ+はじめにきよし」磔磔
10位 プリ+S.O.S.「スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド2001」富山県福野町弥勒山安居寺
10位 「楽音ライブスペシャルセッションVOL.1」トリイホール
10位 ノーマ・リッチー「メゾソプラノ+スコティッシュハープ」駒井邸
9位 クリストファーハーディ&新谷祥子「音と出会う旅」秋吉台国際芸術村ホール
8位 ヤン・サン・ウォン「チェロリサイタル」ザ・フェニックスホール
7位 カンテファン+山本精一+I.S.O.「Sound Art labo 2001」築港赤レンガ倉庫
6位 アサヒビール音楽講座ライブ「音楽の根源はブルースだ」アートコンプレックス1928
5位 HARD TO FIND+嵯峨治彦「冬咲ら」くろちく百千足館
4位 「通崎睦美+喜多直毅」法然院
3位 「月下美人」アザーサイド(2回)
2位 シュテファン・コイネ&ジョン・ラッセル「音の冒険」磔磔
1位 「ふちがみとふなとカルテット」磔磔

続いてダンス部門は61本、そこからピックアップすると:

10位 砂連尾理+寺田みさこ、セレノグラフィア「下鴨気象」アトリエ劇研
10位 JCDN全国ダンス巡回プロジェクト「踊りに行くぜ!!VOL.2」トリイホール
10位 北村成美「i.d.30ステージ」アートコンプレックス1928
10位 竹の内淳「たなごころ」トリイホール
10位 若井博人「小さいダンス公演2001」ウィングス京都音楽室(2回)
9位 藤堂悠貴子+雫「舟の底」トリイホール
8位 伊藤千枝+石井剛+北村明子「TOKYO COOLEST DANCE ALLIANCE」アートコンプレックス1928
7位 黒子さなえ「アートになった帽子たちVOL.3」都住創センター
6位 宮北裕美(MovementWorks)「FLASHBACK」(+黒子さなえ)中京青年の家
5位 dance box「北村成美のダンス天国」トリイホール
4位 藤原理恵子「・・・とおどる!・・・」寺田町らいふすぺーす102(3回)
3位 東山ダンスミニシアター「programA.B.C」東山青少年活動センターオープニング企画
2位 砂連尾理+寺田みさこ+クルスタシア+Abe“M”aria+北村成美など「ダンスピクニック」びわ湖ホールエントランスなど
1位 丹野賢一+山田うん「SSW」トリイホール、OMS

どうしてもプログラム全体を評価したくなったり環境設定の新鮮さに心を動かしたりするのが私の見方の特徴だなあと、こうしてあげていくと自分で分かってくる。


こぐれ日記」の扉へ

無断転載禁止 掲載:アーク編集室